2016/03/27

博多うどんの名店"大地のうどん"に2日連続で行ってみた。

暮 life
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

昨日のランチは新規開拓したお店で、大当たりでしたというお話を記事にしたのですが、それを聞いた門伝氏、
「へぇぇー。。。おっ、俺も行きたい。。。。。」
というわけで、今日は門伝氏も連れて行くことに。ネットを見て知ったことですが、このお店、実は数日前にopenしたばかりのようなのです。いやぁー、ぼくの美味しいもの見つけるセンサーってなかなか感度がいいかもしれない。

今日のメニューは

あっさり梅おろしうどん にしてみました。博多うどんのスープと梅の組み合わせは絶対的に合うだろうという予測ができていたので、たべてみようかなと。今日はそれに追加でかしわ飯のにぎりをいただきます。
かしわ飯とは鶏肉の炊き込み御飯のことで、福岡の人は鶏肉のことを"かしわ"と呼んでいます。
福岡のスーパーのお弁当コーナーには当たり前のように並んでいますし、給食なんかでも出てくる、ごくごく当たり前のご飯です。

かしわ飯のにぎり2個で150円。
味付けが濃いものが多いですが、これは薄味。体に優しいお味です。

昨日コシのない麺が特徴です。と書いて、麺の写真がなかったので撮ってきました。
このうにょーんとした麺が美味しいのですよ。カウンター上にはたくさんのうどんの玉がありました。

門伝氏は博多うどん初心者なので、基本的な"ごぼ天うどん"
あまりの大きさのごぼ天に難しい顔をしていますね。
ほらっ、もっと美味しいそうな笑顔!テレビで見せるあの笑顔っ!

博多うどんとは

諸説あるそうですが、日本に初めてうどんが伝来された場所と言われているのが博多だそうです。
時間に厳しい商人がささっと短時間で食べられるように茹で置きした柔らかい麺が好まれたので今でも柔らかいという説もあります。
(博多ラーメンの麺が細麺で柔らかいのも、せっかちな博多人がささっと食べられるように細麺にしたという話だった記憶です。)

博多うどんの大きな特徴はその麺である。博多うどんではふわふわしたコシの弱い麺を用いる。その理由は前述のものに加え、九州のうどん粉に原因があ るともいわれる。九州のうどん粉は醤油に使うものと同様の小麦を使用しているため、他のものと比べてタンパク質が少なく、コシが出づらいのだという。

つゆは透明で、煮干、サバ節、鰹節、アゴ(トビウオ)、昆布などを使ってだしをとり、薄口しょうゆを入れて仕上げている。特徴的な具にはゴボウ天(ゴボウの天ぷら。太いものやかき揚げ状のものなど、店によっても特徴がある)と丸天(すり身をあげたねりものの一種)、肉(いわゆる「肉うどん」の具。九州の醤油を使った甘辛い味付けとなっている)がある。薬味に柚子胡椒を使う店舗もある。

引用元:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E5%A4%9A%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93)

東京の人には馴染みがないかもしれませんが、向こうのツユは透き通っています。一瞬薄味に見えるのですが、しっかりと出汁と塩分が効いています。自宅でよく自炊をするのですが、ぼくがうどんを作る時には、だいたい上記の出汁で作ります。(昨年、九州に帰った時にアゴだしをけっこう買ってきたのですが、ネットで見てみるとamazonでも買えるようです。)

乾燥したアゴ。初めて見る人は少しびっくりするかもですね。

さいごに

「あのボリュームであのクオリティだったら、もう100円高くてもいいな」と何故か上から目線の経営者視点だった門伝氏とお店。
門伝氏はかなり味にうるさいので、このコメント貴重かもです。けっこう美味しかったのだと思います。

本日もごちそうさまでした。

それでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム