2016/07/18

海へ行くならココ 海の日

暮 life
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

今日は海の日ですね。
天気も良く海水浴日和。今日は海水浴に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか。

そもそも海の日って?

1996年に施工された海の日、当初は7/20でしたがハッピーマンデーの関係もあり、いつの間にか(厳密にいうと2003年から)7月の第三月曜日が海の日になりました。
wikipediaによれば海の日の内容は下記のとおり。

祝日化される前は海の記念日という記念日であった。海の記念日は、1876年(明治9年)、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港に帰着したことにちなみ、1941年(昭和16年)に逓信大臣・村田省蔵の提唱により制定された。

明治丸はその後、東京商船学校(現東京海洋大学)の練習船として使用され、現在は東京海洋大学越中島キャンパスに保存されている。

引用:wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E3%81%AE%E6%97%A5

祝日の意味合いとしては、"海の恩恵に感謝する日"です。
単なるお祭り騒ぎをする日ではありませんよー。

海の日の制定には加山雄三も

以前に"ヨルタモリ"という番組がありました。
その時のゲスト、加山雄三さんが言うところによれば、海の日制定委員会のメンバーに加山雄三さんもいたとのこと。

平成生まれの人からすれば、"なんで海といえば加山雄三さんなの?"というイメージかと思いますが、加山雄三さんはかつて海を舞台にした映画や歌を多数製作しています。

代表曲「海、その愛」
https://www.youtube.com/watch?v=ku3ech0qpFc

また、加山雄三さんはモズライト風なギターを使用していたことから、ベンチャーズなどのサーフィンサウンドというイメージも重なり、加山雄三=海というイメージを多くの人が持っているようです。
ちなみにこのモズライトという商標をめぐっては、権利者間で現在も揉めているようなので、あえて"モズライト風"という表現にしております。

サーフィンサウンドの代表格ベンチャーズのパイプラインという曲。
https://www.youtube.com/watch?v=KWpEE-2QkQk&index=2&list=PL-4a0ERT1IU5e377XZNboQJ_D-2Icgkwm

話がそれましたが、加山雄三といえば海!なイメージなわけでして、そんなこともあって海の日の制定員会のメンバーに選ばれたようです。

海水浴、行くならここ

こういう記事を書いていると海水浴に行きたくなりますね。
個人的にお勧めのビーチを書いていきたいと思います。

千葉県千倉海岸

千葉県の東側に位置する海岸です。
内房よりも外房のほうが波のパワーが強いため遊んでいて楽しいです。
海の家も充実しているため、安心して泳げます。

15年ぐらい前はアクアラインもなかったので東京湾をぐるりと回って行くか、浜金谷のフェリーを利用して行くかしかなかったのですが、今はアクアラインを使うことができるので都内から2時間程度で行くことができます。

ちなみに千倉海岸から車で20分のところ名倉海水浴場というところもあります。
こちらは波も穏やかでファミリー向け。

海のそばには旅館もいくつかあり、朝から海岸を散歩ということもできます。
個人的にはとてもおすすめのエリアです。

東京都新島

サーフィンの大会をやるような島だけあって、波のパワーが強いところです。
ボーッと泳いでいると流されます。
ですが海の綺麗さはピカイチ。東京都にもこんな島があるんですよー。

こちら側の海岸(東側)はサーフィン向けですが、西側の海岸は海水浴に向いています。

東京の竹芝桟橋から船で2.5時間ほど。
もう一度行きたい島の一つです。

沖縄県宮古島

海の透明度は沖縄本島では出ない色です。
人が少ないところのほうが海の水が綺麗なのは鉄則ですね。

東洋一の海岸と呼ばれる与那覇前浜ビーチ。
ここで結婚式の写真を撮る人もいるんだとか。

神奈川県鎌倉高校前駅付近

泳ぎたい海ではありませんが、散歩するにはうってつけの海です。
向こうに見えるのは江ノ島ですが、江ノ島近辺の海岸は激混みなので少しはずして、このあたりのエリアの海が好きです。

夜に行くとなんだか吸い込まれてしまいそう。


ここの近くの海岸には砂鉄が多いというのを"ブラタモリ"でやっていましたね。

さいごに

海があってこそ食べることができる、お魚!
最近は肉より魚派になってきました。

海の恵みに感謝しつつ海の日を楽しんでくださいね。

それでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム