2016/10/31

高田馬場でオムライス食べるならLABO

暮 life
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

ランチに何を食べるかはサラリーマンの悩みどころ。
少しでも安くて美味しいものを!と常日頃から考えているわけですが、さすがに毎日食べているとお店が決まってきてしまいます。
気づけば同じ所のローテーションということもしばしばあることですね。

今日は新規開拓をしようということになり、先日OPENしたオムライス屋さんへ行ってきました。

オムライスLABO

納豆orとろろのオムライス(写真は納豆)750円。
トマトのスープパスタ付きです。

半熟でない家庭的なオムライスは何度も食べてきましたが、半熟系のふわふわのものを食べたのはだいぶ大人になってからでした。初めて食べた時の感動たるや(笑)
というわけで、オムライスについて語れるほどの舌を持ち合わせていません。
ですが、納豆+卵というある種最強の組み合わせに、さっくりと炒めたライスがよく合っていました。(ここの塩加減は好みです。)

卵は火加減と時間を油断するとあっというまに固まってしまうので、かなり神経を使う食材だと思うのですが、このふわふわ加減は見事です。

少し早めの時間にランチに出かけたのですが、続々と人が入ってきました。
お店の内装もかなりのこだわりを感じ、おしゃれなカフェのような雰囲気でした。
それもあってか若いお客さんもちらほら。
内装の雰囲気を見てしまうのは不動産屋としての職業病。
塗料は?とか木材は?とか電気設計は?などはどのお店に行ってもなんとなく気になってしまいます。

OPENして数日で近所のお店からの貰い火の影響でしばらく営業していなかったのですが、なんとか営業再開したようです。栄通りという入れ替わりの激しい商店街での飲食店ですが、長く続いてほしいなぁと思いました。
お近くに来た際はぜひ、お試しあれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム