2016/11/03

日清カップヌードル 謎肉祭ver

暮 life
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

日々、自炊をしたり美味しいランチを食べに行ったりしていますが、忙しい時にはコンビニのお弁当で済ませる事も多々あります。
最近はセブンイレブンの麻婆丼と親子丼のローテーションばかりなのですが、先日セブンイレブンに行くと、売れすぎて販売中止になっていた日清カップヌードルの謎肉祭verが売られていました。

「おぉぉー、ここで食べておかないといつ食べられるかわからない!」

というわけで迷わず購入。

日清カップヌードル 謎肉祭ver

サイズ的にはBIGのやつでした。
"肉盛りペッパーしょうゆ"と書かれています。

お湯を注いでみるとこんな感じ。

出典:日清公式ページ
https://www.nissin.com/jp/news/5479

公式HPによれば完成系はこんな感じなのですが、ちょっと雰囲気違いますね。
商品写真は色々と工夫がなされているようです。

公式HPによれば下記のような記述が。

"味付豚ミンチ" が、通常の「カップヌードルビッグ」の10倍も入った商品です。たっぷりの "謎肉" からうまみが染み出たスープに、ペッパーでアクセントを加えました。

出典:日清公式ページ
https://www.nissin.com/jp/news/5479

豚ミンチ肉が通常のBIGサイズの10倍だそうです。
通常のものだとエビと醤油と豚ミンチの風合いの味ですが、これはもう味が変わっているだろうなぁと思いスープを飲んでみると、似ているけどまったくの別ものでした。
さすがにこれだけお肉が入っていたら風味は変わりますよね。
これはこれで美味しいです。ジャンクフードとしては完成度高いです!

1971年に誕生したカップヌードル。
たまに無性に食べたくなる時があります。安定感のある懐かしさといったところでしょうか。コンビニやスーパーで迷った時になんとなく選んでしまうブランド力はさすがです。

もしお店で見つけたら食べてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム