2016/11/28

玉ねぎは冷凍保存しておくといいですよ

暮 life
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

最近、大学生や自分よりも若い年齢の人達と接する機会が多いです。
初めての一人暮らしとなると自炊でもしてみようかなとなるわけですが包丁を使うとか野菜を使い切れないとか色々と考えることが出てきます。

そんな方にまずオススメしたいのが玉ねぎの冷凍保存です。

玉ねぎの冷凍保存

ぼくの家では自炊で比較的よく使う"玉ねぎ"を冷凍保存しています。
パスタ、ハンバーグ、牛丼、野菜炒めと何かと使用頻度が高いです。
ざく切りとあらみじんにわけてジップロックです。

メリット

ネットで調べてみてもいくつかの記述があったのですが。メリットとしては以下のようなもの。

  • 飴色になるまでが断然速い

"玉ねぎを炒めて飴色になるまで"という調理方法多いですよね。
カレーも玉ねぎはじっくり炒めることがポイントなんて書いてあったりしますが、お腹がすいてできるだけ早く美味しいものを食べたい人にとって、じっくりと飴色になるまで炒めるのはハードルが高いです。
冷凍した玉ねぎは飴色になるまでが非常に速いです。

  • 日持ちする

冷凍した玉ねぎを解凍する必要はありません。凍ったままフライパンに投入すればOKです。冷凍状態ですと1ヶ月ぐらいは大丈夫です。その後は徐々に風味が変わってきます。夏場に何もせずに生のまま常温に放置していたらあっというまに腐ってしまったことを考えると非常に良いです。

  • 使いたい時に使いたい量だけ

刻んだ上で冷凍しているので使いたい時に使いたい量だけ使うことができます。
調味料的な感覚で使えて保存がきくのは一人暮らしをするうえでは非常にありがたい。

さいごに

スーパーで買うと袋に何個か入っていますが、なかなか使い切ることができません。
買ってきた時にまとまった時間で下ごしらえ(冷凍加工)をして冷凍庫の中で眠らせています。もともとは友人に教えてもらった方法だったのですが、これがあまりにも便利だったので紹介させてもらいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム