2017/04/24

福岡のカレー専門店「ヌワラエリア」

暮 life
AD

不動産売買デベロップメントの前川です。

「サラメシ」というNHKの番組があります。サラリーマンを始め様々な現場で働く人のランチを紹介しながら働き方や生き方に触れる番組です。

うちの会社は売買がメインということもあり、不動産業の中では社外業務は少ない方で昼飯は大概会社の近くにて済ませることになります。
ここ大名地区から赤坂地区にかけては、官公庁やオフィスも多いため、食べる処も多く恵まれた立地であります。
それでも大体食べるものは決まってくるのですが。

このお店のオーナーってどんな人だろう?

「ヌワラエリア」もそんな昼飯ルーティンのお店の一つです。
正式店名は「東方遊酒菜ヌワラエリア」。
住所 福岡市中央区赤坂1-1-5 鶴田けやきビル2F
営業時間 11:30 ~ 24:00

日本の3大国民食の一つカレー、ここはそのカレー専門店です。


img_20170424111048849a2c9b2f2080a522c6488b371e2ceb1eb4c798.jpg


店名の「ヌワラエリア」はスリランカ中部の都市名で、この店のメインメニューはスリランカカレーとなっています。
どれほど現地の味に忠実なのかスリランカに行ったことがなく判断しかねるところですが、辛くて美味しいので、ランチ時間の常連客となっています。
ランチ時間が長いので混んだ時間を避けられるところもサラリーマンにとって素敵です。


img_201704241111259831abeaa35f475691b034dd66c03fd9d19ac1fc.jpg

けやき通りに面した大きな窓があり、テーブルや椅子、インテリアがとても素敵な店内作りです。
インテリアの一つとなっている壁一面の本棚には、見るだけでも面白いタイトルの本がぎっしり。


img_20170424111147f88786ebb439403a37494b1da99a523ffcfa32b4.jpg

ここからはあくまでも私の想像のオーナー像です。

  • もともと建築関係の仕事をしており特にヨーロッパなど海外の仕事が多い。
  • 仕事柄、カメラは一眼レフのいいやつを持っていて旅行地の写真をバンバン撮っている。
  • 美術品にも造詣が深く世界の美術館巡りをしている。
  • 一方、日本の古典文学にも興味があり雨の日は読書に浸る。
  • インド旅行中にスリランカ美人を愛し、その人が作るカレーが忘れられずに帰国後スリランカカレー店を開く。

あくまでも本棚の本のカテゴリーからの想像ですが、待ち時間にこんな想像も楽しめるお店です。
まあまあ辛いので代謝を促し、食べ終わる頃には汗が吹き出しますのでマイタオルご持参をお勧めします。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
前川和俊
前川和俊

不動産売買デベロップメント(株)一社員 開業支援のコンサルティング会社を経て、個々の独立開業のお手伝いをしてきました。 不動産との係わることはこれまでにもありましたが、本業として不動産業に携わるのは初ですので、 業界の疑問点や改善すべき慣習にピュアに取り組んでいます。 福岡を主に九州他県や地方からの情報発信を行ってまいります。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム