こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。
しばらく忙しい日々が続いていたので気晴らしに紅葉狩りに行ってきました。

紅葉が見れて、温泉に入れて、美味しいものが食べられるところ。
というのをコンセプトに場所を検討していたのですが、上記条件を満たされるのが都心部から概ね2時間の距離。
さすがに昼から出かけて片道2時間は。。。というところもあり、1時間30分で行けるところを探しました。


新宿駅からは京王線で約1時間。
ちょうどいい距離です。

高尾山

京王線の高尾山口駅を降りるといきなり紅葉が出迎えてくれました。
新宿から40分。気温もぐっと低い分、色づきが綺麗です。
詳しい話はわかりませんが一般的には100m標高が上がると0.6度気温が下がると言われているそうです。
頂上は599mということなので約600mと考えるとふもとよりも3.6度下がっている計算ですね。
緑、黄色、赤のグラデーションがいいですね。

今流行りのインスタでフィルター加工してみました。
実に綺麗。

実は昼まで家で寝ていたので16:30に高尾山口駅に到着しました。
下から登山する時間はないので、ケーブルカーで途中まで登ります。

ケーブルカーの料金は往復で930円。
ケーブルカーの高尾山駅から頂上までは徒歩で30分とのこと。
終電ならぬ終ケーブルカーの時間が17:45だったので残されたタイムは1時間15分。
頂上についたら即戻ってくる段取りです。

頂上に繋がる道の途中です。
日没直後だったのでかろうじて景色が見えます。

頂上に到着

17:11に頂上に到着。
高尾山といえど、急な階段や坂をハイペースで登ったので若干息切れです。
遠くに見える形の綺麗な山は富士山です。
三日月、富士山、逆光の木々。個人的に今回撮った写真の中で一番のお気に入りです。
この時点で周囲は真っ暗でした。

頂上から(おそらく)相模原方面を眺める。
街の夜景の手前にススキを入れてみました。
ぼくの腕ではこの程度のものしか撮れませんが、実際の景色はもっと綺麗です。
17:45のケーブルカーに乗るにはそろそろ引き返す必要があります。
あたりは真っ暗でたいした明かりもほとんどありませんので、手持ちのライトで足元を照らしながら下山します。
高尾山といえど山は山です。

ハイペースで山道を降りること25分。
無事に終ケーブルカーに乗ることができました。

下山

17:50にケーブルカーで無事に下山。

そこから徒歩5分。
京王線高尾山口駅に到着。

参考:google 画像検索 高尾山 極楽湯
https://www.google.co.jp/search?q=%E9%AB%98%E5%B0%BE%E5%B1%B1%E3%80%80%E6%A5%B5%E6%A5%BD%E6%B9%AF&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiFkI7Eg9nXAhVJPrwKHeRJAfUQ_AUICygC&biw=1517&bih=1120

その後、高尾山口駅に併設された極楽湯という温泉でビールを堪能して帰宅しました。
山登りをしてふもとに温泉施設を建設するというのは実にコンテンツとして強いですね。

おまけ

実はこの山に来たのは小学生以来の24年ぶり。

家の中を探していたら、8歳の頃に高尾山に登った時の写真が出てきました。
The 昭和感があります。何故、腰に手をあてているのかは覚えていません。
この当時、通っていた小学校の遠足は高尾山が定番コースでした。
低学年はケーブルカーだったかリフトを使って登頂、学年があがるにつれて険しい登山道を使って頂上を目指します。
高尾山といえど険しい登山道のルートもありますので登山初級者は行ってみるといいまもしれません。