こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

一昨日の朝、お風呂に入ろうとしたら電気がバチッと切れまして、朝風呂を断念。
LED電球に対応しているものや、対応していないものが色々あると聞いていたので面倒で白熱電球を買っていたのですが、今回はきちんと調べてLEDにしてみました。
というわけで今日のコラムはLED電球の交換方法です。

蛍光灯と白熱電球は減少傾向に

まさかのこのタイミングでこのニュース。

蛍光灯、実質製造禁止へ 20年度めど、LEDに置換
http://www.huffingtonpost.jp/2015/11/25/led_n_8650816.html

国の政策で省エネ効率がLED並みにできないものは実質製造や輸入が禁止されるということ。
蛍光灯や白熱電球がLED並みに省エネができれば製造や輸入ができるのでしょうが、これは技術的に難しいので実質禁止ということのようです。
2020年なんてあっという間な気もしますが、まだまだ蛍光灯や白熱電球を使っている電気器具は多いはず。
白熱電球だからこそ雰囲気のある器具や昔の電化製品で使えなくなるものも多いのではないかと思います。省エネ達成率を国際目標に合わせる政策のようですが、実は買い替え需要を見込んだ強引な景気対策だと思っています。
この政策いかがなものかと思います!

もうこんな感じの雰囲気は出せない。フィラメントの暖かな雰囲気、大好きなんだけどなぁ。

明るさを考える

ぼくの場合は風呂場というこだわりも何もない場所の交換でしたので、この際、LED電球にしてみることにしました。まずは古い電球をはずします。そして新旧比較



あぁ、愛おしのフィラメント。エジソンが発明した、人類の宝ですね。
100V60wと書いてあります。
まずはこれに近い明るさのものをインターネットで検索。
調べてみると60wは810lm(ルーメン)相当の明るさということ。
何にもわからない方に書いておくと電球の40wとか60wというのは消費電力の数字です。
消費電力が大きい=明るい ということですから60wのほうが明るいということになります。
それがLEDの規格になるとw(ワット)からlm(ルーメン)という単位に変わります。
なぜなら消費電力が小さいので比較しづらいからです。なので明るさの単位で表すようになりました。
話を戻します。60w相当の明るさはLEDの単位でいえば810lmというところです。
参考までに他のワット数も書いておきます。

一般電球
60w→810lm
40w→485lm
30w→325lm
20w→170lm

ミニクリプトン球
40w→440lm
25w→230lm

サイズを考える

810lmの明るさにすることは決まりましたが、差込口のサイズがわかりません。
口金26とか口金17とか色々あるのですが、白熱電球に何も書いてないのでわかりませんでした。
そもそも口金とは何か。

ここのサイズです。

定規で計ると26mm。

これは口金26のタイプのようです。

LEDの熱放出と密閉可能か不可能か

LEDは熱の放出によって寿命が変わるそうです。

その場所に裸で電球をつけるのかカバーをつけて使うのか埋め込みタイプなのかを見ておきましょう。
LED電球にもカバーをかける密閉型や埋め込み可能なタイプと不可能なタイプがあります。
あとは最近の住宅によくある調光可能なタイプと不可能なタイプ。

このあたりも見ておく必要があります。
カバーをつけるタイプは玄関や風呂場に多い印象ですが、埋め込み型は天井面や壁面が多い感じですね。

色味

色味も考えておきましょう。
おおまかにわけると、電球色と呼ばれる暖かみのある暖色と蛍光灯の白色系に該当する種類があります。
ぼくは風呂場は癒されたい場所なので電球と同様、電球色にしました。

ちなみに色によっても体に対する効果が変わると言われています。
http://matome.naver.jp/odai/2139711642917491701

光を飛ばす方向

光を飛ばす方向も重要です。
全部の方向に飛ばしたいのか、直下にしたいのかというところですね。
直下のタイプだと、電球の根元の方向側は反射板になっていて、一方向だけに光が集中します。
ぼくはお風呂場で使うので全方向にしました。

条件をまとめると

ぼくの家の風呂場の条件をまとめます。

明るさ 60w相当810lm
サイズ 口金26
密閉型か埋め込み型かそれ以外 密閉型
調光可能or不可能 不可能
色味 電球色
光を飛ばす方向 全方向

ここまで確認してから買うようにしましょう。
だいぶ普及したせいか最近ではLEDもだいぶ安くなりましたね。
それでも白熱電球から比べるとまだまだ高い印象ですが。

付け替えてみて

付け替えてみました。
なんか白熱電球よりも気持ち明るい!
一応、40000時間の耐久性と書いてありましたが、実際のところはどうなんですかね。
ざっと一日中つけていたと計算して1665日、4.6年持つ計算です。
これ一個ではそんなに変わらないとは思いますが、電気代も安くなればいいなぁと思います。