更新手続き

オーナー向けサービス

古くからの慣習を考えなおす

賃貸借契約の更新料は、法律で定められているものではありません。

古くからの慣習で、現在もそのまま「賃料の1ヶ月」というのが一般的になっています。 不動産屋が受領する「更新手数料」(平均すると0.5ヶ月分)についても、古くからの慣習でこのような金額になっています。

高額な更新料は、引越しの原因、空室の原因へとつながっていくケースもあります。 空室リスクを未然に防ぐために、更新料を考える大家さんもいると思います。

しかし不動産屋の「手数料」が下がらないなどで、なかなか実行に移せない。 そんな「大家さん」へ。 わたしたちは、古くからの慣習を考え直し、新しいサービスとしてお届けします。

はじめに「今」という世の中を考えよう

契約の更新について行われる事務作業。 一番経費がかかるのは「人件費」です。

この「人件費」計上が、古くからの慣習で変っていないのは問題です。 現在では、情報インフラが整備され、書類作成、連絡確認についても、とてもスムーズ出来ます。 最新技術を「事務手続き」に導入できれば、それだけ経費を節約することが出来ます。 この「不要な経費」、大家さんにとって意味のないものです。