2017/02/19

部屋探しのコツ! 隣の部屋が気になる場合は「相場」を考えよう

部屋探し
AD

こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。

はじめての部屋探しで気になるのが「隣の住人」。
「うるさい人だったどうしよう!?」「変な人が住んでいたら!?」など、心配する人も多いです。

「角部屋」「オートロック」「分譲タイプ」などを条件に考える人も多いですが、それはあまり問題解決にはなりません。
この時、考えておきたいのはズバリ「相場」です。

管理で、150部屋、3万円から30万円ほどの居住用の物件まで管理をしていますが、一番クレームが多かったり、トラブルが多いのが「相場以下の物件」です。

家賃で属性を決めるのはあまり良いことではないとはおもいますが、やっぱり安いところにはそれなりです。
特に都心部で、相場から比べて安い物件には要注意。

オートロック、バストイレ別、独立洗面台などいろいろな設備ばかりに目を奪われがちですが、相場も見ておくとよいと思います。

暮らしっく不動産では、「家賃相場」をいろいろと分析し、追いかけています。


暮らしっく不動産 相場の記事
https://www.kurachic.jp/search/?query=家賃相場&tag=1&limit=37

部屋もいいですが、相場と数字にも目を向けてみましょう。

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
門傳義文
門傳義文

(株)ラインズマン 代表取締役 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級 「不動産をわかりやすく伝える」をコンセプトに、不動産会社「ラインズマン」を設立。 メディア「暮らしっく不動産」を運営するほか、相談者とともに悩み、考える住まい選びの “プロ”として活動している。 趣味はサッカーと音楽(ベーシスト)。ベースの教則本も執筆している。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム