こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。

先日取材受けた件、全国賃貸住宅新聞11月12日号に掲載されました。
全国賃貸住宅新聞は、その名の通り不動産賃貸屋さん向けの業界紙です。

13日(火)に日管協フォーラム2018で講演した内容にもリンクしますが、「物件を掲載していない」という珍しい不動産屋ということで取り上げられてます。(2016年に続いて2回目です)

業界でも興味を持ってくれる方が増えていて嬉しいです。

不動産取引のニーズのきっかけが「物件ではないところにもある」と考え、ここまで大きくなりました。

「ものより体験」とかいうフレーズを目にしますが、まさにそんな感じで、「物件よりもその先にある暮らし」が大切だと思っています。
物件はあくまでモノ。

物件に振り回されないので、仕事の効率も良くなり、その分良い仕事ができお客様へ還元できます。
物件数多かったりするとそれに振り回されて疲れちゃいますもんね。 不動産屋が不親切とかいうのは、物件に振り回されて疲れているのも要因の一つかなと思っています。

忙しいですけど、丁寧に。
初心を忘れず。
これからも頑張っていきたいと思います。

それではまた。