こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。
今日はサッカーのゼロックススーパーカップがありますね。 Jリーグも今月27日から開幕。
春が近づいてきたなぁと思います。

さて今日は大家さんより質問を頂きました。

私は大家をしていますが、実は賃貸仲介業者さんとの関係で困っております。

以前、入居希望者さんをご紹介頂いたのですが、4ヶ月後に入居予定との事だったため、お断りしました。
入居申込書を頂いた直後に断ったのですが、とにかく「入れてくれ」という事でひと悶着。。
(それ以前にも、入居の了承をとる前に入居者に鍵を勝手に渡してしまったりと、やや問題のある業者さんです・・)

その後、ある事ない事触れまわったのか(?)他の業者さんの態度も急におかしくなり、どこにお願いしても空室募集に動いてもらえません。
いくら地域最大手の業者とはいえ、そこまで影響力があるものでしょうか。

もし私の様な立場になったら、どう対処されますか?

圧力をかけてくる不動産屋、少なからずいますね。
うちも高田馬場で少しありましたが、気にせずに営業しています。

以前、入居希望者さんをご紹介頂いたのですが、4ヶ月後に入居予定との事だったため、お断りしました。
入居申込書を頂いた直後に断ったのですが、とにかく「入れてくれ」という事でひと悶着。。


お断りするのが普通だと思います。
余程、人気のない物件だったら大家さんと相談はしますが、このやり方はおかしいと思います。

(それ以前にも、入居の了承をとる前に入居者に鍵を勝手に渡してしまったりと、やや問題のある業者さんです・・)


こういう業者結構いるようですね。
特に大家さんが女性の場合、不動産屋が勝手に仕切ってしまうケースに多い印象です。

うちの管理物件で例に出すと「勝手に契約されて、生活保護の人を入れられた」というのが2件ありました。
管理を引き継ぐ時に相談されました。
不動産屋が勝手に判断してしますケース多いです。

その後、ある事ない事触れまわったのか(?)他の業者さんの態度も急におかしくなり、どこにお願いしても空室募集に動いてもらえません。
いくら地域最大手の業者とはいえ、そこまで影響力があるものでしょうか。

都心部であれば、そこまで横のつながりはないので影響は少ないですが、地方の場合は圧力かけられている可能性があるかもしれません。
地域大手に逆らうと物件情報を出してくれなくなるので、小さい業者などはなかなか思うように動けないところもあります。

このようなニュースもあります。

ヤフー×ソニー不動産への反発高まる--全宅連も「物件情報」提供打ち切りへ
http://japan.cnet.com/news/business/35077216/

ヤフーとソニー不動産が2015年7月に資本業務提携を結んで以来、ヤフーが運営する不動産情報サイト「Yahoo!不動産」が"物件情報ポータルとして公平、中立ではない"という判断のもとに物件情報の提供を打ち切る業界団体が続いている。

「古くからの大手には、なかなか敵わない」これが、今の不動産業界の現状です。

しかしこれだけITが発達している今の世の中。
つまらないこと言ってるとGoogle,Amazonなんかに一気に改革起こされてしまうようにも思います。


不動産は人々の生活に関係する大きな役割があります。
消費者のためになる方向にどんどん進んで欲しいと強く思います。