こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。


部屋探し進んでいますでしょうか?
暮らしっく不動産でも問い合わせが増えており、連日、お客様の物件検索をする日々が続いております。
業者用検索サイトを使って該当の物件を探すのですが、2,3月は物件の動くスピードが早いです。
朝は空室だった物件が午後には申し込みが入っているということもしばしば。

さて、多くのお客様からのリクエストが多い物件にありがちなのですが、備考欄を見てみると色々と諸費用がついていて初期費用が高くなる傾向にあります。ちなみにここでいう、多くのお客様からのリクエストが多い物件とは築浅、内装綺麗、駅近、設備充実といった物件です。
予算内でこういう条件が全て満たされるような物件は空いてもすぐ埋まります。見つかるかどうかは運次第ですが、街の相場よりは高めです。

この物件は駅近で内装も綺麗で設備充実、築浅ではありませんがオートロック付きで街の相場程度の中々好条件な物件だったのですが、24時間サポートが必須でした。

24時間サポートの中身は?

24時間サポートの中身ですが、運営する会社によってもサービス内容はまちまちです。
ですのでよくあるサービスについて書いていきたいと思います。

カギのサポート

カギを無くして家に入れない!
こんな時に助かるのがこのサービス。
鍵のプロが自宅に来て鍵を開けてくれます。会社によってマチマチですが、60分までの作業費、出張費が無料という会社もあります。
別の会社では本当は1万円の作業ですが、サポートに加入してくれているので5000円にしてくれる。なんていうところもあります。サポートに入っていても鍵を新しく作る場合は実費という場合が多いです。

水回りのトラブル

排水溝やトイレにおいて水漏れがとまらない。深夜なのにどうしよう。。。という時に対応してくれるのがこのサービス。止水はしてくれますが部品交換などで修理が必要な場合は実費になる場合が多いようです。

水漏れは本当に怖いですよね。上層階に住んでいると、階下への影響とか。以前、ぼくの友人が洗濯機でそれをやらかして部屋中水浸しで大変だったと言っていたのを思い出しました。

健康相談のサポート

病気や気になる症状について電話サポートをしてくれるサービスです。
近隣の病院や救急病院も紹介してくれたりする場合もあるようです。
病院が空いている時間になかなか帰れない人にとってはありがたいサービスかもしれません。

ガラスのトラブル

ガラスが割れてしまった時の清掃と応急処置をしてくれたりするそうです。
ガラスを新品に入れ替えてくれるわけではありません。

その他

運営会社によって様々ですが、提携している引越し業者を安く紹介してくれたり、電気設備のサポート(ブレーカー系)、住まいの設備トラブルに対して24時間受付のコールセンターを設けているところもあります。
中には、パソコンのサポートから電球の交換もしてくれる会社もあります。

本当は消費者が選べるのが望ましい

こういうサポートがあったらあったで安心なのですが、2年間で7,000円から20,000円ぐらいまであります。
月額に直すと数百円の話ですが、全く不要な人にとっては無駄な出費になってしまいます。
こういうサービスは本来は消費者が選べるのが望ましいのですが、人気の物件だったりハウスメーカー系の物件であったりすると必須の場合が多いです。
必須にしている物件の多くは人気の物件なので他にも引き合いがいっぱいあるわけで、必須という強気の設定になっています。

物件はすごくいいんだけどなぁ、その他の諸費用が色々と。。。

というのが人気物件あるある。不動産屋も付加価値という名で小銭稼ぎをしているのが現実です。
ちなみに暮らしっく不動産の物件ではオプションとして選べるようにしています。
ご希望があればつけることもできます。というスタンスです。

いざという時のトラブル 管理会社が定休日の時は助かるサービスかも

賃料の価格帯にもよりますが、年中無休24時間対応のコールセンターを持っているような物件もありますが、地場の不動産屋や大家さんが直接管理しているような物件だと、夏季休暇、年末年始、深夜などは電話も繋がらないこともしばしば。
住まいのトラブルは深夜や休暇時に(特にガス給湯器や水関係)特に起こりやすいものなので、次の営業日まで連絡が取れないことを考えると24時間サポートはあると安心なサービスといえます。

さいごに

24時間サポートをつけたからといっていざというトラブルの時に無料で対応してくれるわけではないというのが勘違いしやすいところですが、自分で手配するにしてもどこに電話していいかわからないという方や、よく鍵をなくすという方にはオススメです。

個人的にはスマホやPCでサクサク調べるほうだし、工事現場の経験もあるのでとりあえずの応急処置はできるのでいらないなぁと思うのですが、ぼくの住んでいる物件は必須でした。

それでは。