こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

内見ばかりの日々です。 
物件が流動的でヒヤヒヤしながら申し込みをするのがこの季節。
遠方から来られる方が「決まってよかったよかった」って言いながら帰っていかれる姿をみるのは、こちらとしてもとても嬉しいです。
右も左もわからない土地勘のない東京という街で情報収集をして、数年住む家を決める。
限られた時間で決めるのは大変ですね。

この部品は?

物件にもよるのですが、こういうものがついている物件がたまにあります。
多くのお客様にこれなんですか?
と質問をいただくので回答しておきます。

これは通気口です。
真ん中のつまみをにぎってひねると外と通じていて風が入ってきます。
形状も様々で、ひねるものだけではなく、蓋を押して空気の通り道を作るような構造のものもあります。

通気口製作中

これは建築中のRCの物件の通気口になる部分。
このように、作るときにはあらかじめ穴を開けておくのです。

穴から外を覗くとこんな感じ。
建築中の通気口の中身を覗く機会はなかなかないと思うのですが、なんてことはありません穴が空いているだけです。躯体の厚みはけっこうあります。

これは左端にうつっている穴の部分が通気口。
ウレタンを吹いて断熱効果が高まっている状態ですが、穴は外とつながっています。
これに弁を取り付けて外との通気を行います。

最近の住宅は特に、機密断熱性が高いのでこのように換気の道を作ることが大切です。
台風などで風が強いときには閉じてあげればいいのです。

先日、沖縄のお客さんと会話したのですが、これを開けっ放しにした状態で台風が来ると、「家の中が大変なことになる。」とおっしゃっていました。

さいごに

住宅部品で基本的に無駄なものはありません。
なんらかの理由があって取り付けられています。

知っておくと生活が便利になったり快適になったりする場合もあります。

それでは。