こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。

先日、高田馬場にある戸山公園で花見をしてきました。
みんな1人一品持ち寄りで楽しい会でした。
ぼくは最近ハマっているピクルスを持って行きました。 


ピクルス初心者ですが、なかなか好評でした。
スパイスを入れると美味しいらしいので、もう少し研究しようかと思います。

「2人で暮らしたいけど、お金がない・・・」という相談を時々受けます。
2人暮らしと考えると、1LDK以上と考えている人が多いと思いますが、実は1Kでも2人暮らしはできるんです。
今日の話題は「1Kで同棲」でお送りしたいと思います。

1Kで同棲ができる物件

物件はあります。
今日現在で234件(新宿区内、間取りが1K)の物件が募集中です。

難しいと思っている人が多いと思いますが、意外とあります。

実際に物件を見ていきます。

ちょっと古めの物件ですが、同棲ができる物件。
二人入居ができることもあってか、礼金が2ヶ月と強気の設定です。

続いては、こちら。

2009年築のきれいなマンションです。
23m2もあり、居室部分も7帖ほどあるので、結構暮らしやすいと思います。

ものを最小限に

1Kで同棲、二人暮らしの場合は、「ものを極限まで減らせるか」が鍵になってくると思います。
先ほど紹介した2部屋も、基本的には1人で暮らすようなタイプの部屋です。
以前、1人暮らしで18m2ほどの部屋で暮らしていたことがありますが、きちんと収納を考えないと結構大変です。
冬物、夏物などの収納も考えると、どうしても荷物の量は増えます。
その他趣味などで荷物があると、かなり面積を圧迫します。

ものを減らすことと、上手な収納。
ここが鍵になってくるでしょう。

将来のために貯金するなら

将来、家を買うために貯金するなどを考えているなどあれば、狭い1Kで頑張るのもありかもしれません。
ただかなり狭いので、工夫は必要です。

しかし将来設計をしっかり考えているのであれば、貯金は大きな力になります。

住宅ローンと頭金の効果。 家を購入するなら頭金なし?あり?(暮らしっく不動産)
https://www.kurachic.jp/column/baibai/20160204224838.html


家を買うことが、良い人生設計かは分かりませんが、一つの参考にはなると思います。

若い時は狭い家ですごく節約してアパートを買って財産を築いたという、大家さんのいらっしゃいます。
節約が効果的に働いて、その後の人生を豊かにした例です。

幸せのピークをどこに持ってくるか。 
こういうことを考えて見るもの良いのかもしれません。

今回の件はかなり極端な内容ですが、周りの目線を気にしすぎて高い部屋を契約してしまうのはもらったいないです。
見栄をはらずに自分の人生を考えて部屋選びをすることをおすすめしたいと思います。
その先の人生が豊かになるように、今の部屋探しができるのが一番良いと思っています。
それでは今日はこのあたりで。