2016/04/24

不動産はヒアリングが大事!

部屋探し
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

今日もお客様をお連れして内見へ行っていました。
部屋探しをする時には様々なことをお伺いしなければいけません。
部屋の間取りと家賃だけでマッチングしているわけではないのです。

ヒアリングが大事な不動産業

賃貸を探しているお客様がいらっしゃると様々なことをご質問させていただきます。
興味本位で聞いているのではなく、質問の多くは部屋を借りるうえで必要な情報だからです。

1.希望賃料

家賃の目安は税引き前の給料の30%までとも巷では言われていますが、希望の家賃をお聞きします。
当然予算が上がれば部屋や立地も良くなっていきます。逆に言えば同価格帯で同じエリア近辺であれば部屋の差もそんなにありません。面積が広いが設備が古い部屋、面積は狭いが設備が新しい部屋というような感じです。

家賃は安くいい部屋に住みたいというのは誰しもの願いですが、世の中は甘くないのです。
安く美味しく新鮮な魚を食べたい時は、自分が地方の漁港まで足を運んで食べるしかないのと一緒です。
都内で安く美味しく新鮮な魚はなかなか食べることができません。高く美味しくはたくさんありますね。

2.間取りや広さ

現状のお部屋にどれぐらいの荷物があって、どういう住まい方をしたいかというのも含めて適正な広さを考えます。一人暮らしで18m2、風呂・トイレ別、荷物多めだとかなり狭いと思われます。
広くなれば当然家賃も上昇するので、さじ加減が難しいところです。

3.連帯保証人の有無

連帯保証人がいると家賃保証会社を使わなくていい場合があります。
初期費用が変わってきますので、ここも重要なヒアリングポイント。
連帯保証人は契約者が家賃を払えなくなった時に代わりに支払ってくれる人のことを指していますので、仕事を引退された方や年収の低い方は難しいことが多いです。
物件によっては60歳以上の人は連帯保証人になれないとしているところもあります。

連帯保証人なんてつけられないよ!という方は家賃保証会社利用ですね。
2年間で家賃の50%から100%の保証料を支払うことによって審査にとおしてもらいます。自分が年齢を重ねれば重ねるほど親も歳を重ねますから年齢を重ねるごとに家賃保証会社を使う確率が増えていきます。

ハウスメーカー系の物件は管理も行き届いていて施工や管理も平均値以上で人気が高いですが、審査基準が厳しいのと連帯保証人がいたとしても家賃保証会社利用必須ということが多いです。審査基準を厳しくすることによって安定した経営や滞納をしないような入居者を集めているのです。

4.引越し時期

賃貸は仮押さえというものができません。
内見をして申し込みをして審査に通ると二週間ほどで賃料が発生することが多いです。
8月に住みたいのに4月に物件を探すというのは非常に時間の無駄です。
4月に気になった物件は8月にはほとんど無いと思われます。
住まないけど家賃は払ってでも押さえておきたいというのなら可能ですが、それはかなりお金がもったいないですね。

そのような観点からも引越し時期のヒアリングは大事です。

5.引越し理由

現状の家のどこが不満なのかをお聞きします。
料理がしづらい、隣家の騒音、職場まで通うのがきつい、同居する、独り立ちしたいetc

一番重視したいポイントはどこなのかをヒアリングしてそのポイントを重視した上で部屋をお探しします。

さいごに

最低でもこの5点は聞くようにしているのですが、10人いれば10通りの人生があります。
嬉しい理由で引っ越す方もいれば、悲しい理由で引っ越す人もいます。
色々な職業や色々な人生の方に巡り合うことができるのも不動産屋の仕事の醍醐味。

家と向きあうのは当然のことですが、人とも向き合わないと適正な部屋を探せないのです。

それでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム