2016/06/03

不動産の相談、増えてます。

お金
AD

こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。

最近、不動産の相談が非常に増えてきています。
トラブル相談も多いです。


売買の強引な契約トラブルだったり、賃貸の退去時のトラブルだったり。
話を聞くと悪いのはだいたい不動産屋。 
ルール違反していることが多いです。

例えば退去時の原状回復費用のトラブルの見積りは、古い不動産屋ほどいい加減な見積りが多いです。
もし修理することになっても、「負担するべき費用は全体ではなくその部分のみ」「経過年数で貸主、借り主の負担割合を計算する」ということが決められています。

先日相談にこれれたケースでは、当初の請求額が35万円ほどでしたが、本来の計算式でいくと15万円ほど。
20万円もの差がありました。
これも免許番号が8もある、老舗の不動産屋さん。
昔のどんぶり勘定な原状回復は今は通用しません。

おかしいなと思ったらいろいろ調べてみるとよいと思います。
それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
門傳義文
門傳義文

(株)ラインズマン 代表取締役 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級 「不動産をわかりやすく伝える」をコンセプトに、不動産会社「ラインズマン」を設立。 メディア「暮らしっく不動産」を運営するほか、相談者とともに悩み、考える住まい選びの “プロ”として活動している。 趣味はサッカーと音楽(ベーシスト)。ベースの教則本も執筆している。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム