こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

本日はお客様の内見へ。幾度となく木フェチである内容のブログを書いてきましたが、今日の行ったとある物件は無垢材のフローリングでした。しかもリフォーム済みということで非常に綺麗な状態。

木のぬくもりと香り

賃貸物件ではクッションフロアや木目がプリントされたフローリング、合板のフローリングが多いのですが、ここの物件はきちんとした木材の床でした。売買物件だとあるのですが賃貸では非常に珍しいです。
部屋に入ったとたんに木の香りが鼻にとびこんできました。なんだか気持ちが安らぎます。

無垢の床材の特徴として同じ木目はありえないですから、全体として見たときにランダムな文様が浮かび上がるところがいいですね。

足に感じる床の感触も素敵でした。
少々お手入れが面倒くさいのが難点ですが、経年劣化とともに素敵な風合いを出してくれます。

自分が家を建てることがもしあったとしたら、無垢素材にしたいところ。
賃貸物件では滅多にお目にかかることができませんが、見つけたらラッキーというところでしょうか。内見なのでできませんでしたが、裸足で歩きたくなる床、最高です。

それでは。