2016/07/01

徒歩◯分の前に、自分のスピードを把握しよう!

部屋探し
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

スタッフの大谷氏と話していたら、"内見に行く時にどれぐらいのペースで歩いています?"という話題になりました。
暮らしっく不動産は歩いて内見に行くことが多いので、歩くペースというのは非常に重要です。なるべく効率良く、たくさんの物件を見れたほうがいいですものね。

不動産表記は分速80m

ここのブログでは何度か話題に出ていますが、不動産の表記で"徒歩◯◯分"というのは分速80mで計算されています。ヒールを履いた健康な女性が歩いた時の速度と言われています。物件の最寄りの出口から信号や踏切を考慮せずに算出された数字というのがポイントです。

不動産の徒歩表示は「分速80m」で計算されています。

https://www.kurachic.jp/column/chintai/20160313180000.html

不動産の徒歩◯分は本当なのか?実際に歩いてみた

https://www.kurachic.jp/column/hahaha/20151116185636.html

実際に自分の速度を測ってみた

分速80mと漠然とした数字はあるものの、実際自分がどのぐらいのペースで歩いているのかは気になるところ。
iPhoneアプリであるRuntasticというアプリを使って計測してみることにしました。

https://itunes.apple.com/jp/app/id336599882?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

事務所から1分間歩いてみました。その結果は。。。

1分5秒で110m歩いていました。
5秒差し引いても100mは歩いていますね。分速100mです。
けっこうなハイペース。
1時間歩いたとしたら分速80mの人と1.2kmも差が出てしまいます。

昔から、歩くの速い歩くの速いと言われていますので、お客さんと内見に行く時は気持ちペースを落とすようにしています。

内見に行く時は合わせつつ、ペースメーカーに

部屋を見たい!となった時に、物件の鍵の管理方法は様々で管理会社に鍵を取りに行って一時間以内に戻さないといけなかったりします。

内見をするのにスタッフがやること5点

https://www.kurachic.jp/column/chintai/20160611183002.html

当日に物件の申し込みをする場合は遅くとも17時ぐらいまでに事務所に帰ってきて、書類を書いて申し込まないと間に合いません。希望の物件数の内見をこなすためにはこれぐらいのペースで歩かなければ。。。というのがぼくらの頭の中にあります。なのでついつい早くなってしまう傾向があります。部屋見ておしまいとはなかなかならないのが現実です。

とあるお客さんに一度だけ

「徳留さん、歩くの速いですー」

と言われたことがあります。効率よく回ろうとした結果ではありますが、なるべくお客さんのペースに合わせつつ、それでいてペースメーカーになれるよう努力してますので、内見の際になんとなく速いなと思ったら遠慮なく声をかけてください。

それでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム