2016/09/03

不動産業務で気をつけること

暮 life
AD

こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。
一方的に疑問に答えていくコーナーはじめます。

今回は、不動産業務で気をつけるこというテーマ。
大きなポイントを上げるとすれば、この2つです。

  1. 時間
  2. ヒアリング

この2つが大きなポイントだと思います。 
細かいところを上げればもっとたくさんありますが、ぼくが思うのはこの2つです。

1. 時間

時間、これが一番気をつけるポイントです。
時間を守れとか、そういうことではありません。

不動産業務は、人の「時間」に大きく関わります。

賃貸、売買、どちらも人の引越しに関わる仕事。
期日がズレると大きな損害になります。 
家賃、売買代金、税金、引越し代など、「時間」でミスをすると大変なことになります。

「いつ」「いつまで」「いつに」、もれなくきちんと把握しておくことが大切です。

2.ヒアリング

人の話をよく聞くこと、これ大切です。

特に不動産の仕事の場合、お客様との知識差はかなりあります。 
相場や立地、条件など当初の想定のままいくことは少ないと言われる業界です。
はじめのリクエストが全てとは限りません。 
「よく話を聞いていくと、こんな条件だった」ということよくあります。

しっかり話を聞くこと。

当たり前のことですが、なかなか出来ないことでもあります。
「しっかり話を聞くこと」大切です。

さいごに

不動産屋の求人、結構多いです。
入れ替わりも多く、ある程度な年齢でも受け入れてくれるところが多いので、未経験で入る人も多いと思います。
大変なこともありますが、基本を忠実にしていればそんなに難しいことはないと思います。

同じ業界で見ている人も少しづつ増えているようです。
同じ不動産業界の人、頑張っていきましょう!
それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
門傳義文
門傳義文

(株)ラインズマン 代表取締役 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級 「不動産をわかりやすく伝える」をコンセプトに、不動産会社「ラインズマン」を設立。 メディア「暮らしっく不動産」を運営するほか、相談者とともに悩み、考える住まい選びの “プロ”として活動している。 趣味はサッカーと音楽(ベーシスト)。ベースの教則本も執筆している。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム