こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

内見に行ってお客さんからよくある質問なので記事にしておきます。
ハウスメーカー系の賃貸物件や大手デベロッパー系の賃貸物件にある設備です。
天井から突き出た二本の輪っかのついた棒がついている場合があります。
さてこれはなんでしょう?

室内物干し

天井から突き出たこちらの棒は室内物干し棒です。
天気が悪い時やベランダに庇(ひさし)のない物件では重宝します。
ぼくの家にもついているのですが、これ、本当に便利です。
写真のようにハンガーのようなものをひっかけてもいいですし、二本の輪っかの中に物干し竿を渡して使うこともできます(重量制限はあります。)

来客がある時や、不必要な時は、このように取り外すこともできます。
見た目もすっきりです。

梅雨時期や外出の多い方にはオススメ

最近は台風も多いせいで急に空が真っ黒になったなんてことも多いですね。
こういう時に外出していると、

「洗濯物干したままだ。。。タオルふわふわになるはずだったんだけどなぁ。」

と思うことも多いはず。ですが、これがあるとそんな心配は無用です。

図面に記載がある場合もあります

図面に記載がある物件は少ないですが、図面の中に表記がある場合もあります。
上記の写真では洋室5.4帖の横の上下に黒い印がついてますね。
これは室内物干しを意味しています。

ぼくの家の当時の間取り図面を見てみましたが、こちらには記載はありませんでした。
こればかりは物件を見てみないとわからないですね。あったらラッキーといったところですね。

さいごに

リフォームした物件などではこのような折りたたみ式室内物干しがついている物件もあります。先ほどのものより大がかりですが、無いよりはずっといいですね。

天気が悪い時に重宝するのですが、何より、ただでさえ狭い部屋にホームセンターで買ってきた室内洗濯物干しを置かなくていいので場所を取らないというところがメリットです。天井から吊り下げられているので下のスペースは使うことができます。

内見に行った際は注意深くみてみてくださいね。
それでは。