2016/10/08

入居審査が人生の壁? 何が問題がしっかり考えよう

暮 life
AD

こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。



入居審査に人生の壁を見た(imidas)
http://imidas.jp/column/L-60-055-16-10-G421.html

ネットで「入居審査」について書かれているものがあったので、それについて書いてみます。

単身女性、フリーの不安定稼業、父親が高齢――。この3つが重なると「部屋を借りることもできない」事態が起きるということに、目の前が暗くなっていった。


選択肢は多少減りますが、そんなことはないです。
希望条件を多少変えなくてはいけない部分もあるかもしれませんが、物件はきっと見つかります。

仕事の合間にネットで賃貸物件の情報を見たり、不動産屋をまわって気になるところを内見したりしていたのだが、なかなかいい部屋がない。特に私は猫飼いの身。「ペット可物件」となると、部屋探しはイバラの道だ。


ペット可の物件は確かに少ないです。
ペット可とするだけで、駅から徒歩10分の物件は一気に減ります。
ペット可の物件は立地の悪い物件などで、付加価値として「ペット可」が付けられたりします。

ペット可の物件探しについて詳しくは以前書いたこちらを。

ペット可の部屋探しで注意したい4つのこと(暮らしっく不動産)
https://www.kurachic.jp/column/608/

いい部屋の定義って人それぞれなので難しいですけど、ちょっと難しい希望条件なのではないかなとも思います。
「なかなか部屋がない」って人は、無理な条件の人が多いというのが中側の人の印象です。

単身女性、フリーの不安定稼業、父親が高齢――。この3つが重なると「部屋を借りることもできない」事態が起きるということに、目の前が暗くなっていった。


「フリーだと入居審査が通らない」と思っている人が多いと思うのですが、それは間違いです。
フリーが問題なのではなく、「収入があるのか?」という部分が大事です。

ここ半年でフリーの人を数人部屋探ししましたが、みなさん無事に審査通ってます。
フリーは確かに不安定ですが、普通のフリーの人はだいたい飯が食べれれるくらいの収入は確保しています。
月ごとで見れば不安定かもしれませんが、一年で通してみるとそこそこあるのではないでしょうか。
雇われているより稼げる、ということでフリーを選ぶ人が多いはずです。
収入証明というところが心配になる人も多いですが、確定申告書や、公的な収入証明となる課税証明などは取れば、きちんと入居審査みてくれます。

ここ半年で、フリーの人数人の部屋探しをしましたが、皆無事に決まってます。
ほぼ同じ条件「単身女性」「フリー」「親が高齢」です。

「単身女性」が問題になることはないです。 

「父親が高齢」、これは保証会社を使えば問題ないでしょう。 あとは緊急連絡先があれば特に問題なしです。

ということで、人生の壁ってほどでもないのだと思うのです。
「将来野垂たれ死に?」までネガティブにならず大丈夫!

不動産の入居審査ってかなり冷たい感じが多いものですが、その人の人生まで否定するものではありません。


賃貸の入居審査で問われるのは、職業でもなく、性別でもなく、親でもない。
その人の収入です。
なので、今回論点にすべきは収入なのかなとも思います。
(もしくは自営の特権でもある税金コントロール?)
「フリーだから不安定」「フリーだから収入が低い」ということであれば、仕事を変えてみるのも良いかと思います。
フリーが稼げないのであれば、違う選択肢もありだと思うのです。 
それは能力が低いからとかでなく、世の中の需要がないためかもしれませんし。

元フリーのミュージシャン、今は不動産屋の人の一言でした。
それではまた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
門傳義文
門傳義文

(株)ラインズマン 代表取締役 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級 「不動産をわかりやすく伝える」をコンセプトに、不動産会社「ラインズマン」を設立。 メディア「暮らしっく不動産」を運営するほか、相談者とともに悩み、考える住まい選びの “プロ”として活動している。 趣味はサッカーと音楽(ベーシスト)。ベースの教則本も執筆している。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム