2016/10/21

一人暮らしの台所 スライド式調理台

暮 life
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

一人暮らしの台所。
内見に行って様々なお客さんに質問されるので、便利グッズを一つ紹介します。

どこで食材を切るの?

多くの一人暮らし用の物件では上記の写真のようなタイプのキッチンが多いかと思います。シンクとコンロ。ごくごく標準的なタイプのキッチンです。
ですが、ここで自炊をしようと思うと、"えっ?どこにまな板を置いて、どうやって切るの?"という疑問がわく方も多いようです。

ぼくも初めての一人暮らしの時は困っていました。

最初に一人暮らしをした時はこんな感じのキッチンの配置だったので、靴箱の上に
サランラップを敷いて、その上でまな板を使ったり、居室のテーブルの上にまな板を置いて食材を切ったりしていましたが、効率が悪いことこのうえない。
めんどく臭くなると自然と自炊をする回数が減っていきます。

スライド式調理台

世の中にはいろいろな便利グッズを考える人がいるようで、このようなスライド式調理台なるものが売られています。

このスライド式調理台を写真のようにシンクにひっかけて作業をするとこのような一人暮らし用の台所でもまな板を置いて食材をカットすることができます。
さすがにカボチャとか魚の硬い骨を力いっぱい切るとかは怖くてできませんが、大概の食材であればこれでいけてしまいます。
値段もそんなに高くないのでオススメです。

不便があるとすれば、まな板も小さいものしか使えないので野菜をカットした時に
野菜が下に転げ落ちていくという点でしょうか。テレビのように高速で切るとかそういったことはできません。面積が狭すぎる。

ですがやってやれないことはありません。一人暮らしの物件は色々と制約されてしまう部分が多々有ります。何事も工夫が必要です。

食べ物が美味しい季節になりました。
自炊オススメですよ。

エビとナスのグラタン(チーズかけすぎて具が見えない)

お試しあれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム