こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

内見に行ってよくあるご質問です。


"ベッドの配置どうしよう?そもそもベッドってどれぐらいの大きさだっけ?"

というご質問をいただくことがあります。
各メーカーちょっとした違いがあって厳密に言うことはできないのですが、一応参考にしているサイズがありますので今日はそのご紹介です。

シングルサイズは100cm×200cm

インターネットで調べてみると各社微妙にサイズが異なります。
とあるサイトによれば下記のように表記がありました。

  • シングルサイズ 97cm×195cm
  • セミダブル   120cm×195cm
  • ダブル     140cm×195cm
  • クイーン    160cm×195cm
  • キング     180cm×195cm

シングルサイズに関していえば100cm×200cmと覚えておくといいと思います。

6畳の部屋に落とし込んでみました

図面専用の定規を使って図面を引き、パソコンで清書してみました。
(※CADソフトで図面を作成したわけではありません。)
とある物件の6畳の部屋なのですが部屋の内側の寸法は2.64m×3.27mというサイズでした。
仮にキングサイズのベッドを置いてしまうと、部屋の横幅は84cmしか残りません。

先ほどの部屋に

  • 居室への入り口
  • ベランダへの開口
  • 収納
  • 一人暮らしのテーブル

をつけてみました。
どこにテレビ置いて、パソコンを置いて、椅子を置いて、家具を置きますか?
キングサイズのベッドを置いてしまうと歩く場所が。。。。

4.5畳の部屋に落とし込んでみました

最近若い人の間ではオシャレな4.5畳の部屋が人気らしいです。(ネット情報)
広さよりも通勤時間を短縮したい人が多いんだとか。
これにキッチンがついていた場合を想定してみました。
キングサイズのベッド置いたら、キングサイズのベッドの上で生活しないといけなくなりますね。

大事なのは部屋全体に対するバランス

賃貸というのは1平方メートルあたりの相場が決まっています。
広くなれば当然家賃も高くなります。
通勤時間を短縮するために狭くてもいいからと場所重視で選んだ場合は
モノのサイズには気をつけましょう。
個人的には4畳半であればソファベッドや折りたたみができるベッド、布団をお勧めします。
限られたスペースをどう上手に使うかというのがポイントです。