こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

今日は仕事で神奈川県へ。
普段、高田馬場近辺で仕事をしているのでちょっとした遠出です。

慶応大学

日吉の駅を出ると、慶応大学の日吉校舎がありました。
秋めいていて綺麗です。
戸建てを建てる時には外構も含めた設計を行うのですが、ここの校舎を設計した人もきっとどう見えるかというのを計算して設計したのだと思います。
美しい!

校内をぐるっと歩いてみると、一万円札のおじさんの胸像がありました。
福澤諭吉先生です。学内の生徒さん達からするとごくごく当たり前の光景だと思うのですが、当時、慶応大学に入る頭がなかったぼくからすると、ちょっと感動です。

感動したので後ろ姿も写真におさめておきました。
秋めいた木とリンクして素敵な光景です。

ひろーいトラックです。
お散歩がてらこれを眺める近所の人もいて、近所の人の憩いの場にもなっているのだなと思いました。
久々の大学キャンパス。歩いているだけで楽しいです。

先ほどの並木道を反対側から写したもの。
こんな綺麗な景色を見ながら毎日過ごせるのかぁと自分の大学と比較してちょっと羨ましい気持ちに。しかも目の前は東横線の日吉駅。アクセス抜群ですね。

日吉駅近辺

日吉駅は東急の駅ビルになっていました。

出典:wikipedia
(https://www.google.co.jp/maps/@35.5534883,139.6454876,16.38z)

こうやって地図を見てみると、駅前は放射線状に街づくりがなされているのがわかります。

飲食店が非常に多く、学生さんもけっこう多かったです。

出典:国土地理院地図 3D(高さを強調するため9.9倍にしてあります。)
http://maps.gsi.go.jp/index_3d.html?z=18&lat=35.554615950857055&lon=139.64735358953476&pxsize=2048&ls=std%7C_ort#&cpx=10.608&cpy=-122.409&cpz=70.025&cux=-0.067&cuy=-0.274&cuz=0.959&ctx=0.000&cty=0.000&ctz=0.000&a=9.9

日吉駅は高低差で考えると、谷の部分になりますね。
武蔵小杉や綱島駅の方向に歩いて行くと下っていくのですが、高い位置の中で谷の部分に駅を作ったのかな?と想像できます。

最近ではブラタモリを見ていることもあり、ちょっとした高低差とか地形が気になります。こういうことを考えながら街を歩くとけっこう楽しいですよ。