こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。
11月末になり1月入居や2月入居のお問い合わせもちらほら。
賃貸物件の在庫は流動的なのと仮押さえというのができない性質のため1月や2月に入居したいという人にとってはまだ部屋探しの時期としては早いというのが本音のところです。

1月、2月、 3月というのは不動産屋的にいうと一番の繁忙期。
とりわけ地方から出てくる大学生が多いのですが、初めて東京で住むというのはワクワクするものであり、ちょっぴり不安かもしれません。
今日は東京の家事情について考えてみたいと思います。

大学生の平均家賃相場は6万円以下が半数

googleを使って複数のインターネットサイトで調べてみたところ、大学生の半数は6万円以下の物件に住んでいるそうです。

6万円台を高いととるか安いととるかは人それぞれですが、せっかく東京に住むのであればテレビでよく聴くいいところ(知っているところ)に住みたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。大学の場所も都内にあるところや郊外にあるところと色々ですね。せっかくなので6万円台で都内でどんな物件に住めるのかを見ていきたいと思います。

6.5万円で住める物件はどんな物件?

6万円台ということなので、間をとって6.5万円で調べてみたいと思います。
ちなみにですが賃貸の場合、1万円予算を変えると結構物件のグレードや数が変わってきます。

千代田区

M治大学やN本大学などがある千代田区です。
皇居なんかもあったりして東京の中心部っていう印象ですね。

業者用物件検索サイトでみてみたところ。。。6.5万円(管理費込み)で該当した物件は6件。そのうちの一つをみてみました。

こんな間取りです。広さは13㎡。全体で13㎡ということなので、洋室で実際使えるところを考えると3から4畳ぐらいになると思います。どこに行くのにも便利な都心側というのが最大のメリットです。

ちなみに千代田区の1㎡あたりの家賃相場は4,400円ということだったので、最低でも20㎡(6畳が居室でとれるぐらい。ただし風呂・トイレは同室)ほしいなぁーという場合は4,400円かける20㎡なので88,000円ぐらいが家賃相場になります。

これに風呂・トイレ別、オートロック、2F以上、RCなど条件をつけていくとどんどん家賃相場が上昇していきます。お父さん泣かせ!

八王子市

H政大学があったりS都大学があったりと郊外にキャンパスを持っている大学も多いですね。先ほどの千代田区と比べるとどうなるかというと。。。。

同じ条件で3,307件の物件すが出てきました。
これで考えても郊外のほうが土地の値段が安いことがよくわかります。

同じ値段でこんな物件に住めます。
部屋は2部屋、独立洗面台、オートロック、追い炊きもついてきます。(しかも築浅でした)
同じ値段でこのクオリティの差です。都心部に出るにはちょっと一苦労ですが住む環境としてはいいですね。
ちなみに八王子駅近辺の1㎡あたりの家賃相場は2,200円でした。
千代田区の約半分ですね。

杉並区

2年生までは◯◯キャンパスなんだけど3,4年は◯◯キャンパスという人もいますね。
じゃー、間をとって中間ぐらいにしよう。というわけで杉並区あたりで探される人も昨年のお客さんの中にはいらっしゃいました。はたしてどうなるでしょうか。

物件数2,666件です。どのような物件があるのでしょうか。

お風呂とトイレが同室だとこのような感じ。
居室が若干広めですね。

お風呂とトイレを別にするとこんな感じでしょうか。
(ただし構造は木造や軽量鉄骨が多いです。)

ちなみに杉並区にある浜田山という駅の家賃相場は1㎡あたり2,800円です。
設備を充実させたり構造をRCなどにすると部屋は狭くなるというのが現実ですね。

憧れの物件の家賃は?

ぼくも地方に住んでいたのでよく思うのですが、東京のイメージってテレビの中のイメージなんですよね。それこそドラマに出てくるような。

中目黒

中目黒から徒歩3分。風呂・トイレ別、独立洗面台、オートロック、2口コンロ、鉄筋コンクリート、築9年。
管理費込みで12.4万円

ちなみに築年数や設備を問わない中目黒の1㎡あたりの家賃相場は4,000円です。

三軒茶屋

三軒茶屋から徒歩5分。風呂・トイレ別、独立洗面台、オートロック、2口コンロ、鉄筋コンクリート、築11年。
管理費込みで12.1万円

ちなみに築年数や設備を問わない中目黒の1㎡あたりの家賃相場は3,500円です。

どちらのエリアも若い人には人気のエリアですが家賃相場はそれなりに高いですね。
テレビに出てくる住宅はテレビの世界でしかなかったということです。
自分でお金をいっぱい稼ぐようになったら住める部屋ですね(笑)

さいごに

都心部へのアクセス、賃料、設備や構造、どれも捨て難いというのはよくわかるのですが、やはりそこは難しいのが大学生の部屋探し。値段基準でいくのか、仕送りとアルバイト代を足してグレードの高い部屋に住むのか郊外で仕送りだけで暮らすのかは人それぞれですね。

まもなく上京シーズンのはじまりです。
まずは家族とどの程度の家賃なら出せるのか話し合いましょう。