こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

高田馬場にある手軽に使える貸しオフィスとして有名なCASE Shinjuku。
今回は5F部分を大幅にリニューアルするということで工事現場にお邪魔してきました。

CASE Shinjuku 増床フロアのリニューアル工事

4F部分がオープンスペースになっていて、時間貸しでデスクを使用することができるCASE Shinjukuさん。
ちゃんとしたオフィスを持つまではいかないが仕事のスペースが欲しい人にとってはうってつけの場所です。

でも、もっと個室で作業したい!
という方のリクエストに答えて5F部分に個室スペースを作成することになりました。

もちろん施工状態も気になるのですが、個人的には施工図面を見るのが何より楽しかったりします。
仕上げどうなるんだろう?寸法は?隣の部屋とのしきりは?
図面には全ての情報があります。

図面を見ながら内装を見てみよう

こちらが5Fの平面図になります。
普段みなさんが見ている間取り図と違って細かな部分まで記入してあります。
この図面に限っていえば、照明計画が記された図面になります。どの部分にどのような照明が取り付けられるのかが一発でわかるようになっています。

図面にもありますが、コードペンダントライトというものが廊下に取り付けられています。

照明

その図面にあったコードペンダントライトです。
おしゃれなバーにありそうなこのペンダントライト。
落ち着いた空間で作業できるというのは集中力も高まるのでいいですね。

ベースライトに取り付けられたスポットライトです。
最近の照明の流行りは部屋全体を明るくするのではなく、必要な部分だけを必要な光量で照らすという考えが多いように思います。

ぼくの場合は、こんな空間でブログが書けたらさぞかしいい記事がかけるだろうなぁと思いました。

取材をした時はまだまだ工事中だったのですが、内装の雰囲気としてはこんな感じ。

床仕上げ

床に注目していただきたいのですが、オフィスによくあるタイルを剥がして、そのあとに残った糊跡の紋様をそのまま活かした仕上げ。偶然にしてできた紋様を上手に活かすいい施工例です。
その他の仕上げについても図面を見ながら見てみましょう。

こちらが内装の展開図。
部屋を横から見ていると思ってください。
図面を少し拡大してみましょう。

内装の仕上げがどのようになっているのかがわかります。
塗装仕上げにGAINAとなっていますが、これが素晴らしい塗料なのです。

GAINA

JAXAともライセンス契約を結んだというGAINA(ガイナ)という新素材です。
断熱、保温、騒音、耐久、結露、空気質改善といった壁に対する悩みを解決してくれる塗料とのこと。
触ってみた感覚としては普通の塗料よりも硬い素材の感覚でした。

もっとGAINAについて知りたい!という方は下記のリンクから見てみてくださいね。
(株)日進産業 GAINA
http://nissin-sangyo.jp/about.html

排煙ガラリ

図面にもありましたが、排煙用のガラリも室内の内装にあわせてシックな色になっています。
内装をどれだけこだわってもこういう細かいところまで合わせないとチグハグな印象になってしまいますが、ここもきちんと合わせているところに気合いを感じました。

2017年1月に増床フロアがOPEN予定

増床された5Fは2017年1月にOPEN予定とのこと。
集中できる新しい環境で仕事をしたいという方、いかがでしょうか?

なお、5Fは工事中ですが4Fは通常通り営業されているとのこと。
高田馬場駅から徒歩1分の好立地です!



CASE Shinjuku
住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-28-10 三慶ビル4F
TEL:03-6302-1515
FAX:03-6302-1516
※営業時間9:00〜21:00(日祝除く)

ホームページ
http://case-shinjuku.com/