2016/12/31

飲み疲れには出汁の効いた簡単お茶漬け

暮 life
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

会社の忘年会、久しぶりに会う友人との飲み会、親戚との飲み会と、飲み会続きの人も多いのではないでしょうか。新年に入ると新年会も増えますし、お酒を飲む機会が増えますね。
ぼくも久々の友人達とお酒を飲む機会が多いです。

次の日の朝

"飲みすぎた。。。なんも食べたくない。。。"

なんてなった時におすすめなのが出汁の効いたお茶漬けです。

出汁のきいたお茶漬け

市販されているお茶漬けの素を使ってもいいのですが、あると思っていたのにストックがなかった、なんてこともしばしば。そんな時は出汁を効かせたお茶漬けでさっぱりといきましょう。

材料

お米
まずはお米です。
写真では生米ですが、わざわざお米を炊かなくても家にある冷やご飯を温めて使用してもいいです。
個人的には多めにお米を炊いて、ある程度冷やご飯にしているので大概、冷凍庫や冷蔵庫に一食分のストックがあります。最近は宮城県産の新米を使っています。

冷蔵庫にある具材
冷蔵庫に眠っているお好みの具材を使いましょう。
写真は塩こぶ、シャケのほぐし、わさびです。
梅干しでもシラスでもなんでもいいです。この際、いろいろ試してみると新たな発見があるかもしれません。

冷凍庫をあさっていたら海苔がでてきました。
本当は刻み海苔が欲しかったのですが、買いに行くのが面倒なのでこれをちぎって使うことにしました。
居酒屋のメニューなどでどんな具材があったかを思い出しながら具材の組み合わせを考えると確実で早いです。

出汁
本日の肝になる食材です。
一時期、あご出汁にはまっていましたが、最近はのどぐろの出汁にはまっています。
これもお好みでいいと思います。
のどぐろ+カツオなど組み合わせて使うのもいいですね。
今日の料理の肝になる部分なのでここだけはいいものを使って、しっかりと(ティーパックの場合)煮出すようにしましょう。

ティーパックを煮出して使うタイプがお手軽です。
先日、どぐろと鰹節を試してみたのですが、非常にさっぱりしているのに旨味が強くてよかったです。

手順

1.レンジでご飯を温める(冷やご飯の場合)
2.出汁を煮出す(ティーパックの場合)
3.具材をのせる
4.熱々の出汁をかける


作り方は上記の4つのみです。
自炊と呼べるレベルではないかもしれないですが、疲れた胃腸と疲れた体にはぴったりです。

手間をかけずにサラサラと食べられる出汁のきいたお茶漬け。
いかがですか。市販のお茶漬けの素を使うよりも少しレベルアップした感じがいいです。
年明けのおせちに飽きた頃にもぴったりですよ。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム