2017/10/13

牛乳煮込みのハンバーグ  一人ごはんレシピ

暮 life
AD

こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。


今日は2017年の10月13日。
東京は冷たい雨が降っており、なかなか寒い一日となっています。
昨晩から寒かったのですが、昨晩は温かなものが食べたいなぁと考え、煮込みハンバーグを作ることに。

牛乳煮込みのハンバーグ

実は少し前に行きつけの飲み屋さんでマスターに作ってもらった料理だったのですが、食べてみて非常に美味しかったので自宅で挑戦することにしました。
その時は(そのバーには)"ロマーニャ風ハンバーグ"と書いてあったのですが、ロマーニャ風の定義が調べてみてもよくわからなかったので、(しかもぼくはローマには行ったこともないので)、牛乳煮込みのハンバーグとしています。

まずはハンバーグを作る

まずはハンバーグを作って焼きます。
今回は時短のために冷凍のハンバーグを使って焼きました。
時間があればちゃんとミンチをこねて作ったほうが美味しいです。

ハンバーグの作り方はそんなに難しくありません。
簡単に書くと下記の要領です。

  1. 牛・豚の合いびき肉を買ってくる
  2. 細かく刻んだ玉ねぎを炒める→粗熱をとってさましておく
  3. 合いびき肉+牛乳+パン粉+塩コショウ+卵をボウルに入れて粘り気が出るまでこねる
  4. 肉を形成する

※写真は焼いたもの

牛乳煮込みのハンバーグに話を戻します。
お肉の形成が終わったら表面を焼いて旨味を閉じ込めます。
(後から煮込むので中まで火を通す必要はありません。)

ソースを作る

お肉の表面を焼いたら一度お皿にとります。
その肉汁を利用してソースを作りました。

バター、オリーブオイルで玉ねぎを炒めます。
一緒にシメジのようなキノコを混ぜてもいいまもしれません。
火が通ったら、小麦粉、牛乳を加えて混ぜ合わせとろみが出るぐらいの硬さにします。
グラタンではないのでグラタンのタネのように硬くする必要はありません。
混ざりあったら塩コショウで味を整えます。


※ちなみにここでコンソメの素を入れる方法も多いのですが、あれを入れるとどうも味全体がコンソメの素になってしまうのでぼくは使わないようにしています。(その分、素材で良いもの使う)

ハーブを入れて煮込む

ソースが出来たら、ローリエ、ローズマリーを加え、先程の表面を焼いたハンバーグを投入して40分ほど煮込みます。
牛乳はすぐにブクブクになってしまうので弱火にしておき、適度にかき混ぜるようにしてください。

この中でグツグツと煮込みます。

できあがり

40分ほど煮込んだらできあがりです。
余ったソースはリゾットにしてもいいまもしれません。

まとめ

使用する材料

  • ハンバーグ 1個
  • 玉ねぎ 1/4個
  • オリーブオイル 適量
  • バター 適量
  • 牛乳500ml
  • ローリエ 1枚
  • ローズマリー 適量
  • 塩コショウ 適量

時間はかかりますがそんなに難しい料理ではないので、お試しあれ。
ちなみにうちは一口コンロです。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
徳留康矩
徳留康矩

2015年秋より暮らしっく不動産のメンバーとして参加。 戸建住宅営業、IT屋、工事現場職人をしてきており異色の経歴の持ち主でもある。 そのかたわら、音楽制作も行っており2015年には自主制作アルバムを配信した。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム