2017/10/20

宅建試験で中古車のひっかけ問題!?

暮 life
AD

こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。

先週の日曜日、宅建の試験がありました。
私が受けたのは、7年ほど前なので懐かしいです。 
試験当日は緊張しました。でも思いの外早く終わってしまい、暇でした(。

さて今年の宅建試験、面白いひっかけ問題が出ていました。
Twitterに画像もありました。

不動産取引と思いきや、なんとまさかの「中古車」の取引。

平成29年度 宅地建物取引士試験 問5

【問5】 Aは、中古車自動車を売却するため、Bの売買の媒介を依頼し、報酬として売買代金の3%を支払うこと約した。
Bの媒介によりAは当該自動車をCに100万円で売却した。
この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

1. Bが報酬を得て売買の媒介を行っているので、CはAから当該自転車の引き渡しを受ける前に、100万円をAに支払わなければならない。

2.当該自動車に隠れた瑕疵があった場合には、CはAに対しても、Bに対しても、瑕疵担保責任を追求することができる。

3.売買契約が締結された際に、Cが解約手付として手付金10万円をAに支払っている場合には、Aはいつでも20万円を償還して売買家役を解除することができる。

4.売買契約締結時には当該自動車がAの所有物ではなく、Aの父親の所有物であったとしても、AC間の売買契約は有効に成立する。

いやー、車の取引は詳しくないので難しいです。
問いてみます。

1について

1. Bが報酬を得て売買の媒介を行っているので、CはAから当該自転車の引き渡しを受ける前に、100万円をAに支払わなければならない。

中古車の取引なので、媒介の規定は無いはず。
引渡し前でも、引渡しと同時でも良いと考えます。
ちなみに、不動産は引渡しと同時、が基本です。

民法には車取引の規定はないと思うので、これは✕だと思います。

2について

2. 当該自動車に隠れた瑕疵があった場合には、CはAに対しても、Bに対しても、瑕疵担保責任を追求することができる。


瑕疵担保責任についてですね。

中古車自動車の場合、瑕疵担保責任はその契約内容によります。 いわゆる保証ってやつですね。
ディーラーの場合は、機関部分などの瑕疵担保責任はディーラーがしっかりと保証するという内容になっていることが多いです。
まぁ車なので動かないとしょうがないですから。

この問題について考えると、これがどのような契約だったのかは分かりません。
で、民法には車取引の規定はないと思うので、これは✕だと思います。

ちなみに不動産の場合は瑕疵担保責任の設定が必ずあります。
業者だと2年とか、一般的には3ヶ月とか、設備だと1週間とか。 古い物件は瑕疵担保免責とか。
これが取引内容によってさまざま。

詳しくは以前書いたこちらを。

瑕疵担保責任のわかりやすい説明書(暮らしっく不動産)
https://www.kurachic.jp/column/800/



ちなみに、中古車の保証はこんな内容です。
トヨタさんの中古車保証の情報。

  1. 走行距離がなんと無制限(1年間)に!
  2. 全メーカーのU-Carに対象が拡大!
  3. 最長3年まで!保証期間が延長出来る!

・ロングラン保証αとは
少しでも安心してUカーにお乗りいただけるように、わずかな料金で+1年または+2年まで保証期間が延長できるオプションをご用意しました。もっと安心をもっとお得にする、うれしい保証です。

・付随費用保証もセットでついてくる!
ロングラン保証αにご加入いただいた方だけのさらなる安心!保証対象の不具合で自力走行ができなくなった場合に生じた費用も補償する「付随費用保証」が納車時からセットでついてきます。



・約60項目、5,000部品以上が保証対象!

エンジン、トランスミッションをはじめ 全ての機能部品が保証対象です。
(ボディ内外装部品・塗料・錆・消耗部品・油脂類は除きます。)

http://www.tokyo-corolla.com/u-car/longrun.html
http://fukushima-toyopet.jp/u-car/longrun/

3について

3. 売買契約が締結された際に、Cが解約手付として手付金10万円をAに支払っている場合には、Aはいつでも20万円を償還して売買契約を解除することができる。


車の契約では、特に手付の決まりはありません。
私も先日車を買う機会がありましたが、手付金はなかったです。(過去に買ったとき、手付金が必要な場合もありました。)
なので、ケースバイケース。

で、不動産取引のように手付放棄というルールも基本ないです。 
ひっかけで、手付の倍返しのような文章になってますが、車ではないです。但し、そういう契約の場合は別。(でもあんまりないんじゃないかな?)

なので、この問題も✕!

ちなみにこれが不動産だった場合は、◯です。
不動産の手付の倍返しがこれにあたります。

4について

4. 売買契約締結時には当該自動車がAの所有物ではなく、Aの父親の所有物であったとしても、AC間の売買契約は有効に成立する。

これは◯です。
善意、悪意の問題ですが、自動車の契約では特に適用はないと思います。

不動産の場合は、Cが善意(知らなかった)か悪意(知っていた)で、場合は変ってきます。
善意の第三者、とか言われる項目ですね。

さいごに

TACさんの解答速報では、4が正解でした。
よかった!

http://www.tac-school.co.jp/kaitousokuhou/downloads/8_2017_takken_sokuhou.pdf


今年のボーダーラインは果たしてどのくらいなのでしょうか。
皆さまが良い結果であることを祈ります!

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
門傳義文
門傳義文

(株)ラインズマン 代表取締役 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級 「不動産をわかりやすく伝える」をコンセプトに、不動産会社「ラインズマン」を設立。 メディア「暮らしっく不動産」を運営するほか、相談者とともに悩み、考える住まい選びの “プロ”として活動している。 趣味はサッカーと音楽(ベーシスト)。ベースの教則本も執筆している。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム