こんにちは。暮らしっく不動産の徳留です。

寒い時期になってきました。ぼくの家では定期的に友人を呼んで鍋パーティーを開いているのですが、先日友人が伊勢海老を持ってきてくれたのでその時のお話です。

伊勢海老現る

鍋パーティーを開催したとある日。前日に友人よりラインが入りました。

友:"伊勢海老が手に入りそうなんだけど、明日持っていっていい?"

ぼく:"おぉーいいねぇ。楽しみにしてるね"

この時点では立派な伊勢海老のしゃぶしゃぶセットのようなものがうちに来るのだろうと思っていました。

当日。

友:"伊勢海老きた!これから持っていくね。動いてるー!!"

えっ?動いてるの?いきてるの?

というわけで、伊勢海老のさばき方を急遽google検索。
とは言っても、生エビアレルギーを持つぼくは、大した量も食べたことがなければ触ったこともないのでどこから手をつけていいのかわかりません。

はい。うちにきました。海鮮セット。

  • 伊勢海老2尾
  • サザエ5個
  • アワビ1個

弱っているもの含めて全部活きてました。

お刺身と塩焼き

初めてさばいてみてわかったのですが、伊勢海老で食せる部分というのは案外少ないことがわかりました。食べられるのは尻尾の部分のみ。

そして実際にさばいた時の動画が次の動画です。

いきなり尾っぽの部分がビチビチと動いたのでびっくり。
胴体と尾っぽを切り分けて、尾っぽを真ん中から割るという手順です。
伊勢海老に名前をつけてしまうと捌けなさそうでしたので、あえて何も考えずに作業しました。

そしてリクエストを聞いてみたところ刺し身で食べたいということで一尾はお刺身に、一尾は塩焼きになりました。

そしてサザエやアワビも塩焼きや刺し身に。

締めは味噌汁

色々とネットで検索してみると残った殻にはカニ味噌ならぬエビ味噌がつまっているということで味噌汁にしてみました。
出汁がでて実に美味しかったです。

ちなみにこの日は以下のようなメニュー。

  • 広島産カキグラタン
  • 水炊き
  • 伊勢海老刺し身(提供品)
  • 炙りタコ刺し
  • アワビの刺身(提供品)
  • サザエの塩焼き(提供品)
  • 伊勢海老の塩焼き(提供品)
  • シャインマスカット(提供品)
  • 伊勢海老の味噌汁

まさか生エビアレルギーのぼくが伊勢海老をさばく日がくるとは思ってもみませんでしたが、やってみるもんですね。なんとかなるものです。
実に豪華な夕食となりました。