結婚式が多いから部屋が空く、というのは、つながらないのでは?」
「どうなんでしょう?」

以前ご契約いただいたお客様より質問をいただきましたので、今回はそれについて書いていきたいと思います。


6月ってそんなに空室出るっけ?と思い、調べてました。
2017年、2018年の1年間の賃貸物件、募集の推移です。

2018

2017

1月

528

572

2月

569

520

3月

561

558

4月

533

563

5月

557

528

6月

520

473

7月

549

517

8月

573

530

9月

536

502

10月

585

592

11月

596

589

12月

600

598

1年平均

559

545

※暮らしっく不動産調べ アットホームの募集履歴より
高田馬場駅から半径1km 1R,1Kの募集物件

「春は早くしないと物件が無くなる!」という都市伝説なんかもありますが、そんなことは無く、常に募集されている物件があります。
賃貸は出たり入ったり。 特定の月に急激に変わるというのもあまりありません。

2017年、2018年の2年間を平均値で見てみます。

募集の年間平均は567件。
6月は、497件。

このデータだけで見ると、6月の空室は減っているということになります。

6月は物件が増えるどころか、むしろ募集が減っているので、「ジューンブライドで6月は1R,1Kが空く」というのは嘘ということになりますね。


早くしないと良い物件は無くなるというのはウソ!(暮らしっく不動産)
https://www.kurachic.jp/column/1886/

そもそもジューンブライドは多いの?

ジューンブライドという言葉はよく聞きますが、6月の結婚式って実際には多いのでしょうか。
個人的には、秋が多いような気がするのですが。

経済産業省の統計データに結婚式場の情報があったので、それを参考に見てみましょう。

2017年

2018年

1月

3,694

3,194

2月

5,704

6,036

3月

7,362

7,139

4月

7,027

7,259

5月

7,687

7,205

6月

6,417

6,845

7月

5,602

5,406

8月

3,336

3,249

9月

7,118

7,492

10月

9,274

8,878

11月

10,181

10,102

12月

5,974

5,852

※出典 経済産業省 結婚式場業(企業調査)より 結婚式業の取扱件数(2017年、2018年) 暮らしっく不動産でまとめたもの


11月の結婚式が一番多いということがこのデータで分かります。
2位は、10月。

ジューンブライド、6月はまさかの7位。(2017年、2018年とも)

秋に結婚式が多いなと思った感覚は当たりでした。

さいごに

不動産に限らず、営業の担当者に煽られたら、ちょっとデータを探してみましょう。
スマホもありますし、今はサクッと簡単にデータは探せます。

不動産の場合は、焦らず、的確に、自分の希望のものを探すのが良いかと思います。
それでは今日はこのあたりで。