こんにちは暮らしっく不動産の門傳です。

今日は「なんとびっくり、グリーが不動産業界にやってきた」について書いていきたいと思います。
あのゲームで有名なGREE(グリー)が、不動産業界に参入してきたようです。


グリーもソニーも本業がイマイチなので不動産業界に参入?(BLOGOSより)
http://blogos.com/article/92216/

このような背景には、不動産業界のIT化の準備が着々と進められていることがあります。
平成26年7月23日付け、国土交通省でこのような報道発表がありました。

「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」中間とりまとめの公表及び今後の議論の方向性についての意見の募集について
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000107.html

これまで対面が義務付けられていた「重要事項説明」が、ITを使っても良いというように規制緩和が検討されています。
先日、不動産協会の法定研修で協会の見解ということで示ししていましたが(うちは公益社団法人全日本不動産協会に加盟しています)、「ほぼ規制緩和される見通し」ということでした。


そのようなこともあり、いろいろなところが「不動産業界」に目を付けはじめています。


今回のグリーは「ietomo」というサービスを初めています。


「成約したらお祝い金が貰える」というサービスです。
とても面白い試みだと思いました。


この「お祝い金」はどのように捻出しているかというと、「不動産業界の広告コスト削減」です。

不動産業界は「広告コスト」がものすごくかかる業界でもあります。
(これについては別の回でじっくり書きたいと思います)

「このコストを軽くすれば、もっと良いことができるでしょ」と思ってはじめたのがGREE(グリー)の「ietomo」とのことです。
(今日、営業の方がそう言っていました)


不動産はいろいろと余計なコストがたくさん掛かっています。
それをスマートに出来れば、もっと住み良い世の中になると思います。

ということで、この弊社もサービスを導入することにしました。

余計なものがなくなって、どんどんスマートになる。
とても良いことだと思います!
そういう為の「インターネット」ですもんね。

それでは今日はこのあたりで!