2015/10/24

部屋探しで気をつけたい20のポイント

部屋探し
AD

暮らしっく不動産の門伝です。

「そろそろ部屋探しをはじめようかな」という人も多いと思います。
しかし「部屋探し」は意外と簡単ではありません。 そもそも部屋探し、物件探しなんて経験がある人は少ないと思います。
その為、不動産の言われるがままになって、その部屋に決めた。というパターンも多いです。
良い場合もあれば、悪い場合もあります。 
悪い不動産の場合、最悪な売れ残り物件をあてがわれるというパターンもあります。

今日は暮らしっくが部屋探しで気を付けている20のポイントを紹介します。

部屋探し、ここを注目しよう!

  1. 管理会社
  2. 敷金、礼金
  3. 通勤時間
  4. 駅までの時間
  5. マンションを選ぶ時のポイント
  6. 防犯性
  7. 商店( スーパーや薬局、コンビニなど )
  8. 病院
  9. 教育施設
  10. 遊べる施設
  11. 部屋の間取り
  12. 収納スペース
  13. 日当たり
  14. 設備
  15. 音の響き具合
  16. 駐車場や駐輪場
  17. 入居可能時期
  18. 携帯電話の電波状況
  19. コンセントの数
  20. ドアの開け閉め、窓の具合

結構多いですが暮らしっく不動産では、このような項目を注意して物件を見ています。
全ての項目について「ここまでは大丈夫」「これはNG」など、基準を決めています。

この項目について、今日から少しづつ紹介していきたいと思います。
お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
門傳義文
門傳義文

(株)ラインズマン 代表取締役 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級 「不動産をわかりやすく伝える」をコンセプトに、不動産会社「ラインズマン」を設立。 メディア「暮らしっく不動産」を運営するほか、相談者とともに悩み、考える住まい選びの “プロ”として活動している。 趣味はサッカーと音楽(ベーシスト)。ベースの教則本も執筆している。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム