2016/02/03

おとり物件についての質問

部屋探し
AD

こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。

今日はTwitterでいただいた質問を一つ。

おとり物件には「現地待ち合わせ」が一番効果的です。
おとり商法をやる業者は、物件を持っていないので現地待ち合わせを嫌います。
「大家さんが現地待ち合わせを禁止している」などという嘘にごまかされないようにしましょう。

契約が決まっている場合、その部屋の内見は終了するのが一般的です。
契約が決まっているのに何かトラブルでも起こって部屋の修理などが発生したら大変です。

でも場合によっては見れる時もあります。
他の部屋で退去予定があってまだみれない場合、契約が決まっていてもモデルルーム的な形で見せてくれるケースもあります。
これは業者によってケースバイケース。
その部屋しか募集していなかったら、特に見せる理由もないので断る場合が多いです。


何とも言えません。
本当に空いているかもしれませんし。 
ただ部屋だけをみて「魅力的」と思うのはちょっと危険です。
不動産賃貸は契約条件も含めて「良い物件」か判断をしましょう。
部屋は良くても契約条件が最悪でみんなが避けている場合もあります。

おとり物件の見分け方については過去に記事を書いています。
この引越しシーズンは特に増えますので、一度読んでおくことをおすすめします。

要注意?!おとり物件を見分ける5つのポイント(暮らしっく不動産)

https://www.kurachic.jp/column/519/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
門傳義文
門傳義文

(株)ラインズマン 代表取締役 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級 「不動産をわかりやすく伝える」をコンセプトに、不動産会社「ラインズマン」を設立。 メディア「暮らしっく不動産」を運営するほか、相談者とともに悩み、考える住まい選びの “プロ”として活動している。 趣味はサッカーと音楽(ベーシスト)。ベースの教則本も執筆している。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム