2016/12/26

部屋探しは落ち着いて探しましょう!まだまだ大丈夫です。

暮 life
AD

こんばんは暮らしっく不動産の門伝です。
今年もあと数日となりましたね。
ここ数日、いろいろな人と会いました。 久しぶりの人や、いつもお世話になっている人、新しい出逢いなど。
来年が楽しみです。

さて、12月に入って不動産のCMが増えてきました。
暮らしっく不動産にも問い合わせが少しづつ増えています。
1月2月から、早いもので3月や、4月5月とかなり先の相談も。

「早く探さないと物件がなくなる!」と思っている人が意外と多いんですが、そんなことないです。
少しは変動もあるんですが、物件はなくなりません!

物件はなくならない!「早く探さないと部屋が無くなる」はウソ(暮らしっく不動産)
https://www.kurachic.jp/column/954/

「早く探さないと物件がなくなる!」という都市伝説的な噂を打ち消したく、書いた記事です。
データは、2014年11月から2015年11月までの1年間に募集されたデータをまとめたものです。

グラフの通りで、部屋はなくなりません。
(詳しくは、記事を見てみてください)

「でも、いい物件からなくなっていくのでは?」と思う人も多いようですが、それも違います。
「いい物件の定義」が難しいところもありますが、「いい物件」というものがあったとしても、それがいつ出てくるかはわかりません。
そもそもこの1月から3月までの間に募集が出ない可能性もあります。
賃貸物件は流動的なものなので、その時のタイミングでもあったりします。

特に地方から人だと、住むところが見つからないと大問題になるので、心配も大きくなる傾向があります。
しかしニュースを見てみてください。 「空室率が高い」とこれだけ言われている世の中です。 
物件はたくさん空いています。

不動産の宣伝が部屋を焦らせるんですけど、落ち着いて探して充分見つかります。

急がず、焦らず。 そして物件に左右されず、自分にあった物件を探すのが一番だと思います。

それでは今日はこのあたりで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者
門傳義文
門傳義文

(株)ラインズマン 代表取締役 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級 「不動産をわかりやすく伝える」をコンセプトに、不動産会社「ラインズマン」を設立。 メディア「暮らしっく不動産」を運営するほか、相談者とともに悩み、考える住まい選びの “プロ”として活動している。 趣味はサッカーと音楽(ベーシスト)。ベースの教則本も執筆している。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

暮らしっく不動産の最新記事をお届けします

Twitterでも最新情報をチェック

AD

人気の記事

新着コラム