こんにちは暮らしっく不動産の門伝です。

年が明けて賃貸の繁忙期モード。 徐々に忙しくきました。

さて、今日はおすすめしたくない物件というお話を少し。

ハズレ物件はあります

「良い物件ありますか?」「おすすめの物件ありますか?」というのは良く聞かれますし、皆様もよく聞いたりするのではないかと思います。

個人的には、おすすめ物件っていうのはなかなか難しく。 そもそも住居の場合は、住む人の都合(通勤などいろいろな条件)によって様々なので、万人にウケするおすすめ物件っていうのは無いものだとも思っています。

反対におすすめしたくない物件というのはあります。

サンプル図面ですが、一般的な不動産賃貸の図面です。

この下ところ、ラインズマンの情報がある欄。 これを業界用語で帯といいます。
この欄に色々と業者間の情報、俗に言う「裏情報」などが記載されています。

ここにあまり良く情報が載る物件などは、個人的にあまりおすすめしたくない物件です。

ちょうど今日のお客様から内見希望あされた物件で実際にあったのがこれ。
「個人バック可」というワード。

簡単に説明すると、

「この物件決めてくれたら担当のあなたにバック(お金を)しますよ」

ということ。

あまりお行儀がよろしくない感じですよね。

こういった物件に決めると、業者側としては実入りも多くなるので良いのではありますが、入居人にとって良いことはありまえん。
むしろこういう物件では、デメリットが多い。
主なデメリットとしては、家賃以外の出費が多くなる、退去時で修理代を多く取られるなど。

相変わらず退去時の費用で揉めていることがいまだに多い世の中みたいですが、このような物件を選ぶとその可能性は高くなります。

部屋だけでなく、いろいろな条件もきちんと見て、物件を選ぶのが良いかと思います。

それではまた。